HOME

HMWU

  • 個人情報の取扱について

個人情報の取扱について

  • 本文プリント
  • 全体プリント

本田技研労働組合 個人情報保護方針について

個人情報の保護について

個人情報の大量流出などの事件や不祥事が相次ぎ、社会問題として大きく取り上げられ、2005年4月から個人情報保護法が全面的に施行されました。この法律では労働組合も個人情報取扱事業者の対象となり、本田労組も、様々な活動においてみなさんの個人情報を取り扱っています。本田労組は、これまでも個人情報の漏洩防止に努めてきましたが個人情報保護法の施行に伴い、下記の方針に従いみなさんの個人情報保護に努めていきますので引き続き労働組合の活動にご理解とご協力をお願いします。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

1:個人情報の保護についての基本的考え方

本田技研労働組合は、賃金・労働諸条件の改善、勤労者のための政策・制度の実現などをめざす組合活動や福祉共済事業などを円滑に遂行するために氏名、住所、電話番号等の個人情報を取得・利用しています。私たちは、これらの個人情報を保護することの重要性を踏まえ、その社会的責任を果たすべく、以下の通り個人情報を取り扱います。

  1. 個人情報保護法その他の関係諸法令を遵守するとともに、関係省庁ガイドラインおよび個人情報の適正な取り扱いに関する社会的ルールに準じ、適切に取り扱います。
  2. 個人情報の取得にあたっては、その利用目的を明確にし、それに従って取扱います。
  3. 適正な個人情報の取り扱いに向けて、必要かつ適正な安全管理を行うとともに、組合の役職員への周知徹底を図ります。
  4. 組合活動を遂行するために提携・協力している事業者・団体等に対しても、適切に個人情報を取り扱うように要請します。

2:利用目的

  1. 組合機関での決定事項、労使交渉・協議の内容・結果の報告、各種催事の案内等、政策制度課題への取組み等、組合が必要とする活動を行うため。
  2. 労使交渉・協議における基礎的なデータとするため。
  3. 組合費や労金・共済などの賃金控除を行うため。
  4. 災害時、また組合員および家族の事故や心身上の健康問題等が発生した場合において組合として円滑かつ適切な対応を図るため。
  5. 本田技研労働組合の共済事業を従業員およびその家族に利用していただく際の実務に供するため。

3:個人情報の共同利用

私たちは、以下の通り、個人データを共同利用いたします。

<本田技研工業株式会社との共同利用>

共同して利用する個人データの項目 従業員本人の情報:氏名、性別、生年月日、賃金・労働時間その他、住所、 電話番号、職番、所属部署、社内メールアドレス
従業員の家族の情報:氏名、性別、生年月日、緊急連絡先
共同して利用する者の範囲 本田技研工業株式会社および本田技研労働組合
従業員情報の管理について責任を有する者 本田技研工業株式会社および本田技研労働組合

<労働金庫との共同利用>

共同して利用する個人データの項目 従従業員本人の情報:氏名、生年月日、住所、電話番号、職番、所属部署
賃金控除に関する情報:賃金控除額、口座番号、預金、貸付の契約内容
共同して利用する者の範囲 各労働金庫および本田技研労働組合
従業員情報の管理について責任を有する者 各労働金庫および本田技研労働組合

4:第三者への提供

私たちは、取得した個人情報を基本的に本人の同意なく第三者に提供することは致しません。但し、上記「2.利用目的」を達成する範囲において業務の一部を委託し、その委託先に対して必要な個人情報を提供することがあります。この場合組合は、その者に対して、名簿の管理、使用終了後の適切な返還・廃棄等について安全かつ適切な措置を施すよう監督します。さらに、組合員本人の同意がある場合、組合員の個人情報を第三者に提供する場合があります。

5:開示・訂正・追加・削除

組合員本人から開示・訂正・追加または削除を求められた時は、本人であることを確認した上で、適切な期間および範囲で法令に従い対応します。

6:利用停止・消去・第三者提供の停止

本人から利用停止・消去・第三者提供の停止を求められた時は、本人であることを確認し、申し出内容に正当な理由がある場合は、法令に従い適切に対応します。

7:相談窓口

上記 4. 5. 6. に関する申し出およびその他の個人情報に関するお問い合わせは、以下にて受け付けます。

<相談窓口>

本田技研労働組合 本部・各支部

8:責任者/本田技研労働組合 本部書記長

2005年3月31日制定